デリケートゾーン用ウェットティッシュのメリット・デメリット

ウエットティッシュの選び方

デリケートゾーンの不快なにおいやかゆみ。できるだけ抑えておきたいものですが、いつでも好きな時にシャワーを浴びるわけにもいかず、時間の経過とともに不快さを増してしまいます。特におりものが多かったり、生理時には不快感はより一層ですね。

ウォシュレットを完備したトイレも増えてきたので活用している人もいるかと思いますが、自宅以外でウォシュレットを使うのは衛生面でどうしても不安という人もいます。

そんな時に便利なのがウェットティッシュです。軽くて持ち運びが便利なので、化粧ポーチにでも忍ばせておけば、トイレに立ち寄った時にサッと拭くだけでデリケートゾーンの臭いやかゆみケアができてしまいます。

しかし、ウェットティッシュも選び方や使い方を間違えると、肌トラブルの悪循環を起こしてしまうこともあります。あろうことか臭いやかゆみが悪化してしまうこともあるわけです。

最近では、肌にやさしいデリケートゾーン用のウェットティッシュも増えてきました。普通のウェットティッシュにない便利さもあります。メリットやデメリットと購入時の選ぶポイントなどを見ていきます。

デリケートゾーン用ウェットティッシュのメリット

トイレに流せる

デリケートゾーン用のウェットティッシュの一番のメリットは、デリケートな肌にも使えるように考えられていることです。

通常のウェットティッシュは汚れを落とし除菌することを目的としていて、なおかつ肌に濡れた感触を残さないように使用感を重視しているので、アルコールを配合しているものがほとんどです。強い除菌力やアルコールは皮膚の薄いデリケートゾーンに強い刺激を与えますし、陰部の粘膜部などがあるデリケートゾーンには不向きです。

デリケートゾーン用のウェットティッシュの場合、アルコールフリーのものが多く、ティッシュの材質も滑らかなものが使われているなど、なるべくデリケートゾーンに刺激を与えないように配慮されています。

また、デリケートゾーンにウェットティッシュを街中や人目のあるところで使わないですよね。しかも経血やおりものといった汚れを拭き取ることもあるので、ごみ箱などに捨てるわけにもいきません。臭いやかゆみを抑えるために使うと目立った汚れは付着しないかもしれませんが、それでもお尻を拭いたものをごみ箱に捨てるのは気が引けます。

そのため、ウェットティッシュを使うのは、ほとんどがトイレだと思います。使用後は汚物入れでもいいのですが、できれば人には見られたくないという女性も多いはずです。デリケートゾーン用のウェットティッシュは、トイレに流せてしまうものもあり、使い勝手の良さでもメリットがあります。

商品によっては、デリケートゾーンを清潔にするだけではなく、抑臭成分や保湿成分を配合しているものもあり、拭くだけでシャワーに入った後のように臭いを抑えることがでます。

デリケートゾーン用ウェットティッシュのデメリット

高価なウエットティッシュ

デリケートゾーン用をわざわざ使うデメリットとしては、普通のウェットティッシュに比べ、少しお値段が高くなることがあげられます。

大きく価格が違うわけではありませんが、比較的デリケートゾーン用のウェットティッシュの方が高めという程度なので、メリットを考えるとそれでも専用のものを使った方が余計なトラブルを招くこともなく安心です。

普通のウェットティッシュとの違いを考えると、これくらいしかデメリットと呼べるようなものはありません。断然デリケートゾーン用のウェットティッシュを使うべきですが、そもそもウェとティッシュを頻繁に使うことに不安を感じる人もいるはずです。

ウェットティッシュは使うべき?

ウエットティッシュは使うべき

デリケートゾーンの洗い過ぎは良くないということがよく言われるので、ウェットティッシュを使うこと自体をためらっている人も多いと思います。しかし、それ以上にデリケートゾーンが不衛生なことの方が問題なので、できればウェットティッシュを使って衛生的に保つことが臭いやかゆみ対策としても大切です。

デリケートゾーンの洗い過ぎが良くないのは、お肌が乾燥して皮脂の分泌量が増えてしまうからです。過剰な皮脂の分泌は、臭いの原因菌のエサになるので臭いを発生させることになってしまいます。また、乾燥が肌荒れなどの肌トラブルも起こしやすくなるというのが、洗い過ぎは良くないといわれるわけです。

デリケートゾーン洗い方

デリケートゾーンの洗い方 トラブル回避の注意点

2017年7月20日

しかし、おりものや経血なども臭いの原因菌のエサになりますし、陰部は複雑な構造をしていて陰毛などもあるので汚物が付着して不衛生になりやすい場所です。そのままにしておけば、菌もエサも残ってしまうわけなので、臭いの発生しやすさでいえばウェットティッシュを使わない方が発生しやすいことになります。

確かにデリケートゾーンの拭き過ぎは、お肌の乾燥をまねいたり摩擦による黒ずみの原因になったりするので、注意しなければなりません。だからこそデリケートゾーン用のウェットティッシュを使うメリットが大きいわけです。

お肌にやさしい材質を使っていて、デリケートゾーンに負担をかけず汚れを拭き取ることのできるウェットシートを選ぶのがポイントです。

デリケートゾーン用ウェットティッシュ選びのポイント

デリケートゾーン用のウェットティッシュを選ぶときは、お肌にやさしいもの、使い勝手のいいものを選ぶのがポイントです。さらに、抑臭効果のある成分が含まれていると効果的です。

たとえばソフィ デリケートウェットシートは、アルコールフリーで肌にやさしく、1,000分の1という超極細繊維を使用してるので、滑らかで肌触りのいい柔らかなシートですし、使用後はトイレに流せてしまうので使い勝手の面でも優秀です。

サマーズイブのフェミニンクレンジングワイプは、アルコールフリーでアレルギーテスト済み。ビタミンEやアロエベラといった保湿成分なども配合されていて、使用後はトイレに流せます。独自の臭いのもとを閉じ込める成分も配合されているので、抑臭効果に期待できます。

このようなデリケートゾーン用のウェットティッシュを使うと、応急的な臭い対策としては効果的です。あくまでもウェットティッシュは一時しのぎなので、石鹸やクリームなどで臭いやかゆみ対策をしておくことは大切ですが、デート前や臭いが気になったときの一時的な対策としてウェットティッシュは有効です。

デリケートゾーン臭い

デリケートゾーンの臭い対策 あそこが臭いと言わせない!

2017年6月28日