デリケートゾーンにもオーガニック化粧品が安心とは限らない

オーガニック化粧品

オーガニックと聞くと「自然派」とか「体や肌にやさしい」なんてイメージがあると思います。最近では食品だけでなくオーガニック化粧品も多数販売されるようになり、オーガニックへの注目度は加速度的に増しています。

デリケートゾーンの黒ずみや臭いといったトラブルの要因として肌への刺激があげられ、できるだけデリケートゾーンに刺激を与えないようなものを選ぶということで、肌にやさしいオーガニックコスメを選択する人もいます。

しかし、必ずしもオーガニック化粧品が肌にやさしいとは限らないということを知っていますか?

食品分野でのオーガニックのイメージを、そのまま化粧品に当てはめてはいけません。オーガニック化粧品には明確な基準がありません

どのようなものをオーガニックコスメと呼ぶのかの定義がないため、商品によってはオーガニック素材がわずかに配合されているだけでもオーガニックコスメとして販売されています。そのような商品を使ってしまえば、かえって刺激物質でお肌を傷めてしまうことも考えられます。

そのため、オーガニック化粧品選びが大切です。オーガニック化粧品は価格も比較的高額ですし、商品選びは慎重にするようにしましょう。

オーガニックコスメってどんな化粧品

オーガニック成分

化粧品というのは基礎化粧品やメイクに使うものばかりではありません。石鹸やシャンプーなども法律的には化粧品という分類に含まれます。デリケートゾーン用の石鹸なども、化粧品にかかわる法律に則って作られます。

オーガニック食品の場合、農林水産省が有機JAS基準を満たした生産事業者を認定し、この認定がない事業者は「有機」や「オーガニック」という表示ができません。しかし、化粧品の場合は、どのような商品をオーガニック化粧品と言うかという明確な基準が国で定められていないのが現状です。

そのため、少しでもオーガニック原材料が使われていればオーガニック化粧品として販売することもできますし、オーガニック原料使用と明記することもできてしまいます。食品では信頼度の高いオーガニック製品も、化粧品ではオーガニックという言葉だけでは信頼できないということです。

オーガニック化粧品を選ぶときは、配合成分をしっかり確認する必要があります。本当にオーガニック素材が配合されているのか、どの程度配合されているのかといった見極めが大切です。

ただ、化粧品の原材料表示は難解です。難しい成分名が並んでますし、合成界面活性剤を合成界面活性剤とは表記されていないので、かなり成分に詳しくないと見抜くのも難しいと言わざるをえません。

そこで、一つの基準として有効なのが、認証取得しているオーガニック化粧品を選ぶという方法です。

オーガニック認証された化粧品選び

オーガニック認証

オーガニック化粧品への注目度が高まっているのは日本だけではありません。世界的にも注目度が高まっていますが、どの国でも統一基準として明確なものはないようです。

そのため、粗悪品の横行は業界全体に悪影響を与えるということで、オーガニック化粧品に一定の基準を設けようという業界団体があります。各国のメーカーなどが主体になって、一定の基準を設けて認定することで、オーガニック化粧品としてのブランドを強化しています。

オーガニック化粧品選びに迷ってしまうのであれば難解な成分を覚えるより、このような認定団体に認証された商品を選ぶのも一つの方法です。少なくともオーガニックコスメ団体の認証を得ているので、一定の信頼はできる商品です。

ただ、これらの認証団体に認証されている商品も100%オーガニック素材だけで作られているとは限りません。それぞれの認証基準には違いがあり、商品全体の一定量以下なら化学成分を認めている団体もあります。少なくともどのような基準で認定されているかは理解しておかなければなりません。

代表的なオーガニック認証

JOCA(日本オーガニックコスメ協会)

安心安全なオーガニックコスメを選びやすくすることを目的に、あくまでも消費者の立場を優先した基準を策定した日本の業界団体。

ECOCERT(国際有機認定機関)

化学合成農薬や化学物質に頼らずに、自然の力で生産された有機・オーガニックの品質を保証するオーガニックコスメ認証の世界シェア75%を誇る有機認証機関。

NATRUE(ベルギー)

自然・オーガニック化粧品に関する厳格な基準の維持を目的とした、ベルギー・ブリュッセルにある国際的な非営利団体。

ACO(オーストラリア)

オーストラリアのオーガニック認定機関。食品分野が元ですが、化粧品の認定も行っていて、口に入っても安全なほどの基準が設けられています。

COSMOS

欧州5団体が国際NPO協会として設立し、オーガニックと自然化粧品の世界統一基準(コスモス基準)として策定。

>>COSMOS認証取得アンボーテ フェミニーナウォッシュの口コミ評価

オーガニック化粧品の注意点

オーガニック注意点

デリケートゾーンにオーガニック化粧品を使うときには、必ずパッチテストを行うようにしましょう。天然成分は、体質などによって向き不向きがあります。

天然成分だからお肌にいいというイメージを持っている人が多いと思いますが、必ずしもそういうわけではありません。人によっては思わぬアレルギーを起こすこともあるのが天然成分です。デリケートゾーンでトラブルが起きてからでは遅いので、自分は大丈夫と思わず必ず目立たないところの皮膚でテストしておきましょう。

オーガニックコスメは化学合成成分が少なくお肌に低刺激なので、正しく選んで正しく活用すれば、利用価値の高い化粧品です。まずは自分に合ったオーガニック成分を知って有効活用していきましょう。

デリケートゾーン臭い

デリケートゾーンの臭い対策 あそこが臭いと言わせない!

2017年6月28日