デリケートゾーンをオイルケア 黒ずみや臭いに効果ある?

デリケートゾーンの保湿

スキンケアで人気が高まっている美容オイル。美容オイルは肌なじみがよく、水分保持を助けてお肌の潤いを保つと話題ですね。お肌にやさしいオイルということで、デリケートゾーンのスキンケアにも美容オイルを活用しようと考えている女性も多いことと思います。

美容オイルには植物性のものから動物性のものまで様々な種類があり、それぞれ成分の特性があることからお肌への効果もオイルの種類によって異なります。

デリケートゾーンの黒ずみ改善が期待できる成分が含まれるオイルもありますし、アロマ(精油)と組み合わせることで臭い対策としても使えるオイルもあります。スキンケアとして有用な美容オイルでデリケートゾーンの悩み解消までできれば言うことなしですよね。

ただ、過度な期待は禁物です。スキンケアとして使われる美容オイルの働きは、あくまで保湿してお肌の調子を整えるというのがメインになります。

調子の整った健全な肌はターンオーバーがスムーズに行われるので、黒ずみや臭いといったトラブルの予防策として必要なことではあります。しかし、美容オイルでデリケートゾーンのトラブルを解消するには非常に時間がかかってしまいます。

それならば、専用の黒ずみ対策クリームや臭い対策石鹸に任せて、美容オイルは保湿オイルとしてデリケートゾーンの美肌づくりのために活用するのが効果的です。

美肌づくりに役立つ代表的な美容オイル

デリケートゾーンオイル

美容オイルの種類によって性質が異なるので、どれも同じ効果が期待できるとは限りません。美肌づくりに役立つ代表的な美容オイルを紹介していきます。

ホホバオイル

「ホホバ」という多年草の実や種子から抽出される天然オイルがホホバオイルです。ホホバオイルは「ワックスエステル」という成分が主成分で、これほど多くのワックスエステルを含む植物はホホバ以外にありません。

ホホバオイルに含まれるワックスエステルが人間のワックスエステルと同じと言われているので、人間の肌に馴染みやすいという特徴があり、ホホバオイルは自然界で最も人間の皮脂に近いオイルと呼ばれるほどです。

お肌に馴染みやすいということは、アレルギー反応を起こしにくく低刺激なので、敏感肌の人でも比較的使いやすい美容オイルと言えます。

アルガンオイル

アルガンオイルは「アルガン」という木の実から抽出される天然オイルです。オレイン酸とビタミンEを多く含むため、抗酸化力の強いオイルです。高い抗酸化力は細胞の老化を抑制する働きがあるので、アンチエイジング効果が期待できます。

お肌への刺激が少なく、他の成分の浸透力を高めるブースターオイルとしても効果的で、お肌の柔軟性を引き出してくれます。

オリーブオイル

オリーブオイルには人の皮脂に近い成分であるオレイン酸や肌のハリ・弾力を取り戻すビタミン類などが豊富に含まれています。角栓を除去する働きもあり、皮脂汚れによる黒ずみ解消や毛穴の引き締め効果にも期待できます。

保湿効果の高いスクワランや抗酸化作用のあるポリフェノールなども含まれているので、お肌のバリア機能を整える働きが期待できます。

ローズヒップオイル

ローズヒップオイルは、「ビタミンC爆弾」と呼ばれるほどビタミンCが豊富に含まれることで知られ、シミの原因になる色素沈着を抑える働きがあります。

また、ローズヒップオイルに含まれるトレチノイン酸は、ターンオーバーを促す作用があると言われ、デリケートゾーンの黒ずみのようなメラニンの色素沈着による黒ずみの改善が期待できます。

馬油

馬油は安全性の高いオイルで、デリケートゾーンに使用するオイルとしては一番安心できるオイルかもしれません。なんと言っても粘膜部にも使えるほどなので、陰部に使用することもできます。

馬油は人間の皮脂に非常に近い性質を持っているため浸透力が高く、保湿作用や消炎作用、抗菌作用なども期待できる油です。

美容オイルは精製度合いによっても善し悪しが変わります。「このオイルだから良い」というわけではないので注意が必要です。

また、天然素材が必ずしもお肌にやさしいというわけではありません。人によって合う合わないが顕著に現れるのも天然素材の特徴です。使用の際は必ずパッチテストを行うようにしてください。

美容オイルだけでお肌の潤いを保つのは難しい

デリケートゾーン美容

デリケートゾーンの黒ずみや臭いを改善するのに、肌環境を整えることはとても大切です。お肌のバリア機能を健全に保つことで、多くの肌トラブルを防ぐことができます。

そのためには何よりもお肌を乾燥させないこと。美容オイルが黒ずみなどのトラブル改善に直接的に働きかける割合は少ないですが、潤いを保ってお肌を守るという面では効果的です。

ただ、美容オイルだけで終わりというわけにはいきません。保湿で大切なのは、お肌内部に水分を保持することです。水分を保持するためにはセラミドやヒアルロン酸のように、水分を抱え込んで逃がさない成分が必要です。

よく「水分を逃がさないように蓋をする」と言いますが、まさしく美容オイルはこのタイプです。いまある水分を逃がさないためには有効ですが、お肌の水分保持能力は放っておくと低下していきます。潤いが足りない状態で蓋をしても、保湿としての役割は果たせないわけです。

そのため、保湿成分をしっかり補給したうえで美容オイルを使うと、保湿効果が高まり肌環境が整っていきます。どうせなら効果的に美容オイルを取り入れるようにしましょう。

デリケートゾーン保湿

デリケートゾーンも保湿が大事 乾燥知らずの保湿ケア

2017年8月15日