デリケートゾーンのかゆみの原因 放っておいても大丈夫?

デリケートゾーン痒み

デリケートゾーンにかゆみを感じても、場所が場所だけにあからさまに掻いて解消するわけにもいかない時もありますよね。一時的なものならまだいいですが、継続的にかゆみを感じる時は最悪です。

一時的なかゆみは、下着や衣服に擦れたりデリケートゾーンがムレたりといったことが原因なので、放っておいても大丈夫です。しかし、断続的や継続的にかゆみを感じる場合は、かぶれや感染症などの病気の可能性もあるので注意が必要です。

デリケートゾーンのかゆみの原因は主に3つです。

  1. デリケートゾーンのムレ
  2. 皮膚のかぶれ
  3. 性感染症などの病気

デリケートゾーンは衣服に覆われていますし、汗などが蒸発しにくくムレやすい環境なので、ムレによってかゆくなり、すぐに治まるものがほとんどです。

特に心配なのは、性交渉後に突然かゆみが継続的に感じられる場合です。性感染症なども疑われるので、病院を受診するのが最善です。

それぞれの原因について、もう少し詳しく見ていきます。

デリケートゾーンはムレやすい

デリケートゾーンは、常に下着や衣服に覆われて体温がこもりやすく、汗などの水分が蒸発しにくいので、身体の中でもムレた環境になりやすい場所です。女性の場合、汗の他にもおりものや経血など水分が多い場所がデリケートソーンなので、高温多湿になりやすくかゆみを感じる原因になります。

高温多湿になると発汗が多くなります。発汗量が多くなると、汗の出口付近が目詰まりを起こしやすく、周辺組織が刺激されてかゆみを起こします

デリケートゾーンは、すそわきがの原因になるアボクリン汗腺が多い場所でもあります。アボクリン汗腺から排出される汗は、脂質やアンモニアなどの不純物が多く含まれるので、目詰まりを起こしやすく皮膚の刺激になりやすいというのも一因です。

単純に汗が陰毛を伝ったてモゾモゾしたり、おりものや経血などが皮膚に密接してしまうので、皮膚が刺激されてかゆみを感じたりすることもあります。

このような場合は、デリケートゾーンのかゆみも一時的なものなので、通気性をよくしてデリケートゾーンを清潔に保つように普段から心がけておきましょう。

デリケートゾーンのかぶれは皮膚の炎症

デリケートゾーンがかぶれてかゆくなるのは、不衛生や過度な摩擦が原因です。かぶれは皮膚が炎症を起こしている状態なので、時には痛みを伴うかゆみを感じることもあります。

デリケートゾーンは、おりものや経血などが長時間皮膚に触れていたり、ムレて高温多湿の状態が続いたりと、とかく不衛生な環境になりがちです。しかし、皮膚が薄く敏感なのがデリケートゾーンです。

かぶれは、皮膚の角質層のバリア機能が低下して、肌内部を刺激することで起こります。不衛生な環境が継続的に続くと、バリア機能が低下して肌内部が炎症を起こし、かぶれができてしまいます。

お肌のバリア機能を損なう原因には、外部からの刺激や摩擦も挙げられます。デリケートゾーンが下着やストッキングなどで圧迫されていると、歩いたりしゃがんだり、少し動くだけでも擦れてしまいます。そのたびにデリケートゾーンに刺激や摩擦が起きている状態になります。

薄い厚いの違いはありますが、皮膚の構造は同じです。美容的に、なるべく擦らず泡で洗顔しましょうとか、顔を拭くときにはタオルを押し当てるようにして擦らないようにしましょうなど、一度は聞いたことがあると思います。しかし、デリケートゾーンに同じことを実践している人は少ないはずです。

皮膚の薄いデリケートゾーンは、顔よりも劣悪な環境にさらされています。清潔に保ち、なるべく刺激を与えず、かぶれないようにすることも、かゆみの原因をなくすことにつながります。

かゆみの原因は病気の可能性も

慢性的にデリケートゾーンのかゆみを感じる場合は、感染症などの病気の可能性もあります。性交渉後にかゆみを強く感じ始めた時は、おそらく自分でも性感染症を疑い始めますが、性感染症となると恥ずかしくて病院に行きづらいと思います。自分だけでなく、彼やパートナーにも打ち明けなくてはならないですしね。

しかし、デリケートゾーンのかゆみを伴う病気は、感染症だけではありませんし、妊娠・出産など将来的なことを考えても、早めに対処しておかなければいけません。

かゆみを伴う病気の代表例

  • トリコモナス膣炎
  • カンジダ
  • ヘルペス
  • クラミジア
  • いんきんたむし
  • 毛ジラミ

どれも性交渉による感染のある病気ですが、カンジダは性行為より自己感染の方が圧倒的に多いですし、トリコモナス膣炎・いんきんたむし・毛ジラミは公衆浴場などでも感染する可能性があります。

また、カンジダやトリコモナス膣炎は、男性が自覚症状を感じにくい病気でもあるので、無自覚のまま男性から女性にうつされる可能性もあります。逆に、クラジミアは女性の方が自覚症状の少ないことがありますが、放っておくと不妊の可能性も出てくるので注意が必要です。

いずれにしても、性交渉後に慢性的なかゆみが強くなった時は、何かしら性病の可能性が否めません。婦人科や皮膚科などを受診するようにしてください。どうしても恥ずかしくて、いきなり病院に行くのはちょっとというのであれば、検査キットなども販売されているので活用してみてください。

デリケートゾーンかゆみ

デリケートゾーンのかゆみ対策 もう我慢しない!

2017年6月28日